Category Archives: 未分類

CVRの向上

CVRとはコンバージョンレートの略です。ホームページにアクセスした利用者の中で商品の購入や会員登録、資料請求など何かしらアクションを行ってくれた割合の事です。このCVRを向上させるためにはefoが大切です。会員制のホームページや資料請求への対応を行っている会社の目的は何でしょうか。何の目的もなく設置している会社はまずないでしょう。会員制のホームページなら会員数の拡大による知名度アップや商品・サービスのPR、資料請求への対応は企業の印象アップやサービス向上を目的として行っているでしょう。

入力フォームこれらの効果を出すには利用者によるアクションが必須です。しかし対策のされていない入力フォームはそれだけで利用者を逃がしているケースもあります。全ての項目を入力したと思っていても見落としはありますし、半角全角など使用できない文字を入力したためにエラーが出て情報を送信できない事もあります。

対策されていない入力フォームではせっかくの入力内容が全て消えてしまいます。中には一から入力し直す利用者もいますが、面倒になって離れてしまうユーザーも大勢います。しかしそこで直前の入力内容までが記憶されていれば、利用者はエラーが出た箇所、入力漏れの箇所だけを入力するだけでよくなります。この程度なら利用者が離れるリスクは少なく、結果、CVRの向上に繋がります。

信頼性の向上

efoを利用するという事でサイトへの信頼性が高まるメリットもあります。インターネットの利用者は面倒な事を嫌がる傾向が強いです。特に最近はどの企業でもホームページを持っていますし、ショッピングサイトも無数にあります。その中で他と差別化を図るには、利用者にとって使いやすいホームページである必要があります。情報量を充実させる事も大切ですが、ショッピングサイトやアンケートサイトで利用者からのアクションが必要な場合は、efoを利用する事で信頼性を高める事が可能です

ショッピング例えばショッピングの場合、名前、住所、電話番号など入力項目が多くなりがちです。対策されていない入力フォームだと全角と半角をいちいち切り替える必要があったり、郵便番号の入力後に再度住所を打ち込む必要があったりと、利用者にとって面倒な作業が増えます。

一つ一つは小さな事ですが、積み重なる事でサイトへの信頼性が薄れ、最悪の場合は途中で離れ、他のホームページへと行ってしまう事もあります。これではせっかくの顧客を逃す事になります。また最近はSNSなどで利用者同士が情報共有をしていますから、一度信頼できない、利用しにくいと思われたらそのイメージを拭い取るのは困難です。

入力間違いの防止

efoを導入するメリットは利用者側の入力ミスやストレスを軽減できる事です。これは自分が利用者側に回った時の事を考えれば分かりやすいです。例えば住所を入力する際、郵便番号を入れると自動で住所を表示させるエントリーフォームがあります。多くのネットショッピングサイトや会員制サイトでこのエントリーフォームが利用されています。これは利用者側にとってもサイト管理者側にとってもメリットがあります

入力利用者側のメリットとしては、入力の手間が省ける事です。郵便番号を入力して更に住所を都道府県から手打ちするのは面倒です。郵便番号を入力した時点で都道府県から町名までは確定している事が多いですから、利用者側としては二重入力になり、ストレスがたまります。また入力フォームによっては英数字は半角のみ、または全角のみと指定している場合もあります。最適化されていない入力フォームでは利用者側で全角と半角を使い分ける手間が出てきます

細かい事と思われるかもしれませんが、こういった小さなストレスがサイト全体を印象付ける事も多いです。管理者側としては入力間違いが少なくなるメリットがあります。郵便番号入力で自動的に住所を表示できれば、打ち間違いや略式地名による混乱を避けられます。

efoのメリット

一昔前まではホームページを持っている事だけでも企業の宣伝になっていましたが、今ではホームページは当たり前になっています。今の企業に求められるのはホームページの存在ではなく、その使いやすさです。ショッピングサイトや会員制サイトは利用者からの情報を得る必要がありますし、そうでない企業でも利用者からの意見を集めるためにアンケートフォームを設置したり、PRのために資料請求に対応している事もあるでしょう。

efoホームページを運営する上で最近話題となっているのがefoです。efoとはEntry Form Optimizationの略で、ホームページに設置されている入力フォームの仕様やデザインを使いやすく改善、最適化する事を意味する言葉です。インターネットの利用者は面倒な事を嫌がる傾向が強く、改善されている入力フォームとそうでないフォームでは利用者の反応は大きく変わります。面倒だと感じたら他のホームページへと移動する利用者も多くいます。

例えば郵便番号を入力するだけで都道府県から町名までを自動で表示できれば利用者の手間が省けますし、入力ミスも防げます。半角全角の切り替えもフォーム毎に自動で行われるようにすれば、それも手間を省く事に繋がります。直前までの入力分を記録させておけば、万一エラーで入力が完了しなかった場合も一から再入力の必要はありません。こういった利用のしやすさはそのまま企業への信頼度に繋がる事もあります。