CVRの向上

By | 2018.05.29

CVRとはコンバージョンレートの略です。ホームページにアクセスした利用者の中で商品の購入や会員登録、資料請求など何かしらアクションを行ってくれた割合の事です。このCVRを向上させるためにはefoが大切です。会員制のホームページや資料請求への対応を行っている会社の目的は何でしょうか。何の目的もなく設置している会社はまずないでしょう。会員制のホームページなら会員数の拡大による知名度アップや商品・サービスのPR、資料請求への対応は企業の印象アップやサービス向上を目的として行っているでしょう。

入力フォームこれらの効果を出すには利用者によるアクションが必須です。しかし対策のされていない入力フォームはそれだけで利用者を逃がしているケースもあります。全ての項目を入力したと思っていても見落としはありますし、半角全角など使用できない文字を入力したためにエラーが出て情報を送信できない事もあります。

対策されていない入力フォームではせっかくの入力内容が全て消えてしまいます。中には一から入力し直す利用者もいますが、面倒になって離れてしまうユーザーも大勢います。しかしそこで直前の入力内容までが記憶されていれば、利用者はエラーが出た箇所、入力漏れの箇所だけを入力するだけでよくなります。この程度なら利用者が離れるリスクは少なく、結果、CVRの向上に繋がります。